技術情報

基礎

軟弱な地盤でも基礎の剛性を高め、不同沈下に有効な特許「新・MS基礎」。

特許「新・MS基礎」工法は地盤改良材との混合土で地中壁を構築、その上にメッシュ鉄筋を配筋してコンクリートを打設し耐圧盤をつくる先進の基礎構造。地中壁と耐圧盤の相乗効果で建物をしっかりと守り、不同沈下を抑制します。

新・MS基礎の構造概念図
入念な地盤調査を実地し、
地盤条件に合わせた基礎仕様をご提案。

耐震性に優れた住まいを建てる第一条件は、地盤の性質をしっかりと把握し、最も適切な基礎形状を設計することです。エス・バイ・エルでは、スウェーデン式のサウンディング試験機を用いて、地盤の硬軟や締まり具合などを調査。その結果に応じて、最適な基礎仕様をご提案します。

より大きな安心のために、地盤条件に合わせた基礎補強をご提案。

特に軟弱な地盤の場合には、地耐力に応じて基礎補強や地盤改良工事などの安全対策をご提案。強固な地盤に改良して、建物を支える確かな基礎構造をつくります。

基礎ベース幅の拡大
基礎ベース幅の拡大
適度な硬さを持つ地盤で、部分的な強度のばらつきがない場合に用いられ、布基礎のベース幅を広げることで、建物の荷重を分散させる方法。
基礎ベース幅の拡大
柱状改良工法
アースオーガー(地盤用ドリル)で改良地点の地盤を掘削。その孔内に掘削土とセメント系固化剤との混合土を埋め戻して、柱状の改良体を硬い地盤(支持層)に構成する方法。
基礎ベース幅の拡大
小口径鋼管工法
全体的にかなり軟弱で、かつ柱状改良工法に不向きな地盤の場合、建柱車で鋼管を硬い地層にまで回転圧入する方法。
  • 社名変更しました
  • カタログ請求
  • CMギャラリー
  • ZEH
  • 長期優良住宅
  • 買う時「安心」売る時「納得」SumStock
  • プラン集
  • 築10年、15年...経過のOB宅ご紹介
  • エクステリア施工実例
  • マイホームスケジュール
  • 分譲地&分譲住宅 オススメ物件情報
  • キャラメルミルクハウス
  • スタッフブログ